最新エロゲCG漫画

気に入ったエロゲとCGと漫画作品を紹介します。

処女専用催眠術で処女を食い散らかしたった(笑)

処女しか効かない催眠術で、いろいろな女性を食べてみた本作。
処女しか効かないという設定は、いろいろな女性を描けないと思いがちですが、「意外!それは処女だった!」と、より興奮する情報を加味した状態で、いろいろな女性を描ける利点でもあります。
欠点を利点に変換する稀有な例です。
本作の魅力は、そんな処女を食べてしまうところよりも、催眠術を通して犯す過程にあります。
新人AVデビューで、いきなりエッチシーンまで飛ばすと、なんだか物足りなさを感じることがあります。行為をする相手との会話があるからこそ、後のエッチシーンが燃えます。
また、催眠術を通して、この女性は処女だったという設定も、人は見かけによらないという味がヒロインに出て、また違ったエッチの楽しみ方を提案してくれます。
[川中島工房] 処女専用催眠術で処女を食い散らかしたった(笑)

純真処女梓希の発情

純粋無垢な少女が、発情してしまうお話。
話数として少し前作よりもボリュームに欠けますが、さすが[TJ_studio]の画力で、かなりの満足感を得ることが出来ます。
純情という部分が、恥じらう少女の表情から見て取れます。
また、[TJ_studio]の繊細なタッチが、か細く儚げな少女を見事再現し、ピュアガールというタイトル通りのヒロインを描ています。
アングルもかなり凝っていて、少女を見下ろす角度が、より少女の愛おしさを増させます。
ボリュームは少ないですが、その分値段もワンコイン(500円)で済みますので、興味がありましたらご購入してはいかがでしょうか?
[TJ_studio] 純真処女梓希の発情

SCANDAL!~Limited Edition~ 

漫画をあまり紹介しない本ブログ。
それは、作品自体の魅力を簡潔に紹介するブログにとって、短編集に近い漫画は紹介辛いところがあります。
また、カラーを基本とするCGやエロゲの方が、ブログ記事としての映えがあることも理由です。
それに加え、漫画の場合、どのような作品なのかを数枚の画像で紹介するのが難しいところもあります。CG作品ですと、タイトルと中身が一緒になった紹介挿絵がありますので、とても重宝しています。
前振りが長くなりましたが、今回紹介する漫画は、そんなカラーを基本とするCGよりも映えがある作画が特徴的であり、紹介し易いた短編集になっています。
漫画家[掃除朋具]さんの特徴は、[萌え絵]になります。たぶん、エロ漫画業界で萌えを代表する漫画家は、[掃除朋具]と[Hisasi]さんぐらいかと思います。[掃除朋具]さんは、[Hisasi]さんの[美しい萌え]よりも、[可愛い萌え]を全面に出した作画とストーリーが魅力です。
短編集の一つである「マクライブ」は、アイドルの枕業界を題材にした作品です。幼いアイドル少女が、頑張ってお仕事をもらうために枕営業に奮闘するお話です。
本作の短編集では、とくかく健気な少女たちのエッチな奮闘記が描かれていますので、萌え好きなお方には、家宝ものになること必死です。
[掃除朋具] SCANDAL! Limited Edition

さらってみた ~放置子ロリ姉妹の誘拐は超カンタン~

放任主義の親のため、誰にも気づかれずロリ姉妹をさらった本作。
ロリ系の凌辱物語として、少し惨たらしいシーンが全面に押し出されると思っていました。
しかし、実際はロリ姉妹というワードから懸け離れ、姉の大人びた姿が押し出された「色気ある」作品となっています。
親の観護から離れた姉は、妹を守るという意思が養われ、幼いながらも大人として妹を守ろうと奮闘する姿が描かれています。
題材として好みは分かれますが、ロリ姉の魅力を楽しめるCGとなっています。
体は未発達ながらも、心は大人への女性と成長した姉が、体を張って守ろうとする姿は、ロリとはかけ離れた大人の母性を感じました。
妹にまったく触れていませんが、見どころとしては、「姉!」なので仕方がないです。
さらってみた ~放置子ロリ姉妹の誘拐は超カンタン~

おねえちゃんがレイプされた日

両親を亡くし、母親同然に育ててくれた姉。
そんな姉が、いじめ集団にレイプされてしまう話になります。
本作の魅力は、亡き母親の代わりに、弟を守る優しい姉にあります。
若妻と異なり、弟という守る存在がいる姉には、母性にも似た慈愛を感じることが出来ます。
そして、いじめ集団のレイプに、弟のためと必死に耐える姿に、人間としての芯の強さを見ることが出来ます。
年齢の上では、あまりに幼い女性ではありますが、守る存在のために体を張る強い女性です。
そんな健気な女性が、少しずつ快楽に心を壊されるシーンは、寝取られ系に通じるものがあります。
また、柔らかいタッチで描く姉は、面倒見の良い母親としての性格が醸し出され、作風とのギャップと相まって、よりレイプものとしての悲惨さが伝わる作品になっています。
[ソーダ屋] おねえちゃんがレイプされた日

新政策~同級生に犯されることを義務付けられた生徒~ 

政府によるエッチ義務化によって、学級内で選ばれたヒロイン。
義務という法律を盾に、少女を犯し続ける男たち。
同級生から始まり、法律対象外の後輩や教師へと、その教育はエスカレートする。
野外プレイも法律の範囲内という、なぜその文言がしっかり記載されているか分からない、ガバガバ法案の餌食になった少女は、徐々に壊れ始めていく。
少女を貶める事件は異性内では終わらず、平気で男子を寝取るというレッテルを張られ、同性からのいじめも受けてしまう。
ヒロインは次第に倫理観を失い、ついに快楽に虜になってしまった。
かつて彼女に見たヒロイン像はもはやなく。思い人さえ、遠のいてしまう。
[非合法少女] 新政策~同級生に犯されることを義務付けられた生徒~

幸せな家庭があるのに。人妻が出来心で、一度だけの関係のはずが…!?

ある夫婦に子供が生まれた。
夫の仕事も順調で、子供は保育園に入ることができるまでに成長し、まさに幸せな家庭そのものだった。
しかし、夫は仕事に追われ、妻の性的欲求は高まるばかりだった。
子供が保育園に入ると、育児に追われていた妻にも余裕が生まれる。
あろうことか、結婚していた当時使っていた、出会い系のプロフィールが更新してしまう。
手持無沙汰な時間が、妻の倫理観を歪めさせる原因になっていたのだ。
そして、その更新に目を光らせる男性がいた。
執拗な男性のコンタクトに、妻は過ちを冒す。ただ一度だけのつもりだったが、出会った相手が悪かった。
出会った男性は、夫と異なり淡白な体付きで、性格も傲慢。だが、その力強い押しに、妻はどんどん体を許してしまう。
ある日、夫が上司を家に呼ぶことになった。
妻も夫のためにと、出迎える準備をする。
まさかその上司が、出会い系の相手とも知らずに。

幸せな家庭があるのに。

催眠術で新婚人妻マナカさんとエッチしよう

新婚若妻は良い文明。
おっとりしたヒロインで、なんだか人の心を和ませてくれる。
そんなヒロインを、催眠術で騙しエッチをする主人公。
最初はただの快楽だけだったが、世間話をする中で、次第に彼女の魅力に気づく。
そして、本当に愛してしまう。
けれど、展開は普通にエッチして終わる感じなので、特段変わった感じはしない。
ただ、新妻マナカの愛らしさや可愛さが全面に出た同人となっている。
催眠術という導入だったので、主人公は終始、旦那の役回りに徹する。
寝取られというよりも、夫婦の子供が、主人公の子供になるだけ。
それはそれで、かなりゲスイ展開なのですが、本作は、夫婦の和気あいあいとしたエッチを見るため、寝取られ系が嫌いな方でも大丈夫。(錯乱)

[デルタブレード] 催眠術で新婚人妻マナカさんとエッチしよう

雨上がり、神社にて。

帰省した田舎の神舎で、偶然長馴染みの少女に再会した。
妹と見ていた彼女は、一人の女性として成長していた。
主人公は、その容姿と包容力に、子供の頃から欲しかった母性を求めた。

一方、地元で生活を送っていた少女には、憧れのお兄ちゃんがいた。
リーダーシップが取れて、常に私たちの前にいて、届かない存在。
お兄ちゃんは東京へ上京し、少女には彼氏も出来、お兄ちゃんの思いも、忘れていたはずだった。

しかし夏のある日。
過去に思いを残した二人は、出会う。
抑圧された主人公の心は、大きくなったヒロインを求め。
忘れたはずの彼女の心は、今まさに夏の花火のように、綺麗に開くのであった。

[ヨダカパン (五月猫)] 雨上がり、神社にて。

↑このページのトップヘ