Fanza独占・3次元のR18作品レビュー

DLちゃんねるにて、NTR・インモラル作品の紹介記事を投稿しています。 https://ch.dlsite.com/profile/154677
こちらのブログでは、DLちゃんねるで投稿できない、Fanza独占作品・3次元のR18作品の紹介記事を投稿していきます。

家庭教師先のお母さんと

家庭教師先のお母さんの悪酔いによって、一線を越えた主人公。
童貞だったこともあり、その魅力的な体の虜になった。
一方、若い主人公との蜜月を楽しむ妻は、自らその背徳的な行為に楽しみを見出す。
旦那の応答に応える妻。その下では、若い男性が恍惚な表情を浮かべる。
息子が離れ、旦那の監視がない自由な時間。
それは妻にとって、青春を謳歌できる特別な時間になっていった。

[クレスタ (呉マサヒロ)] 家庭教師先のお母さんと
 

堕ちていく新妻~ごめんなさいアナタ…私もう……でも、愛してる~

寝取られ系のエロゲです。
かなり古い作品ですが、イラスト的にまだ現役バリバリです。
新妻×寝取られは、ポピュラーなジャンルではありますが、妻という契約がある寝取られは、彼女よりも背徳感を覚えるものであり、現代でも熱い支持を頂くジャンルです。
また、妻である以上、少し年齢の面でエロゲとして楽しめないと思われますが、新妻という設定も結構あります。この作品もその一つです。
二次元同人を楽しむと、高校生以上おばさんという認識があるのも仕方ないですが、商品映像のヒロインは、だいたいその年齢的見た目だったり、ちょっと大人びた程度なので、普通にエロゲを楽しんでいる人でも抵抗がないのではないでしょうか?
徐々に体も心も奪われる寝取られ作品は、同人CGよりも文章が多いエロゲとして楽しむのが良いと思います。

[シルキーズSAKURA] 堕ちていく新妻

人妻K&Y

 PINK☆DORAGONの「妻K&Y」は、可愛い人妻を悪い町役場の会長が、セフレ契約を結ぶ所から始まります。

 人妻寝取られ系の本作。そのテーマに似合わず、全体のタッチが綺麗に可愛く仕上がっています。
PINK☆DORAGONクオリティとして、繊細な筆使いと柔らかで明るい色が特徴です。
 奥さまの日常だけ切り抜いてしまえば、それで1つの広告用ポスターになるほど、物語性と情景の温かさが伝わってきます。
 でも、エロ同人なんです。

 登場する人妻は新妻二人。
 一人目は、いかにも新妻のイメージが強い優しい女性。
 二人目は、スポーティでかっこいい女性です。

 どちらも良き妻として夫に尽くす女性でした。
 しかし、薬によって昏睡状態のさせられレイプされます。
 その時の映像をネタに、たび重なる羞恥プレイが始まります。

 新婚ほやほやのこの時期に、妻を会長の肉奴隷に仕立てるために、彼女の純情な愛を肉棒でねじふせるのです。
 快楽に負けた彼女たちは、期間限定のセフレ契約の更新を延長するのでした。

[PINK☆DORAGON]人妻K&Y
 

みすでぃれくしょん

 冒頭の漫画「お・あ・そ・び」は、お嬢様3人組が、冗談半分で男性を痴漢で陥れるところから始まります。
 生意気に挑発的な態度を、被害者の男性に取り続けるお嬢様の末端。
 この小娘を手始めに、痴漢被害者の復讐劇が続くのです。
 この作品の面白さは、お嬢様3人組に性格にあります。高圧的な態度で男性を挑発した女性は、実は、残りの二人には存外に扱われます。
 信じていた、あるいは妄信していた友達に見限られシーンは、被害者男性の視点から爽快に感じます。
 この友情崩壊こそが、いかに背徳的で面白かったです。
 最後には、一番トップのお嬢様の性癖がばれ、今までのカーストが逆転するシーンも印象的でした。

 お・あ・そ・び

 次の作品「みすでぃれくしょん」です。単行本のタイトルにもなっています。作者の強い思いを感じる作品です。
 概要は、部活動で活躍する女子バレーの裏側で、監督によるエッチな指導が行われていたというものです。
 監督に体を強要され、それを受け入れる形でレギュラーの座を勝ち取ったヒロイン。
 それでも、真面目で誠実な彼女は、なんとしても処女だけは守っていました。
 しかし、監督からの「お役御免」という最後通牒によって、少女は唖然とします
 全ての奉仕が無駄になる恐怖、さらに、たび重なる愛撫によって、ヒロインの判断力は欠如していました。
 体を許したが最後、彼女は監督のおもちゃにされてしまいます。

一所懸命努力する女性の健気な姿が、腐れ切った監督によって無残に汚される。
 ああ背徳的で、とても興奮します。
 物語の最後、純粋無垢な先輩は選手の道から快楽の道で落ちてしまいます。
 レギュラーのために頑張った全てが、結局監督の欲求に終始するのはあまりにも可哀そうです。

 それにしても、ひげなむち様のキャラクターは本当に可愛いです。同情的に可愛いです 

[ひげなむち]みすでぃれくしょん
 

寝取られ彼女 ~彼のお兄さんに今日も生でハメられてます~


 寝取られジャンルにおいて、人妻より一層初々しいのが「彼女」です。
 人妻というキャラ設定では、どうしておば・・失礼、大人の女性が登場します。
 当然相手も年相応になってしまう。若くない!

 やはり高校生の甘い青春時代にこそ、ピンク色のエロスが宿っていると思います。
 寝取られ彼女とは、寝取られジャンルのアイドル的な存在です。
 若く初々しいだけでなく、ヒロインは純粋に彼氏を愛しているのです。

 人妻寝取られでは、旦那に飽きてしまったという背景があります。
 セックスレスになったとか、出張が多くなったとか。外部的な環境が大きいです。

 つまり、「しょうがない!」という言い訳が、人妻の背徳感を和らげているのです。
 これは駄目です。

 そんな背徳が少ないエロ漫画のどこに抜けるのでしょうか?
 寝取られてないですよ!ただの不倫です。

 寝取られとは、取られる。つまり、直接的に冒され快楽に陥ってしまう。
 彼氏を愛していたけど、このおちんぽがいいの!本当にごめんなさい。

 そんなどうしもうない。まったく救われない背徳感が大切なのです。
 [NaTuRe] の彼女は、冒頭ですでに寝取られた映像が出されます。

 ある意味斬新で、どうやって彼女が彼氏を裏切るかをねっとり楽しむことが出来ます。

 どうやって彼女が落ちていくのか。その過程こそ意味があるのです。
 また、寝取った相手も彼のお兄さんという、彼氏の近親者であることもポイントです。

 近い存在である兄弟の寝取りもなかなか背徳的です。
 そして、重要なのが、「今日も」という現在系を示唆している点です。
 寝取られとは、寝取ってしまったらコンテンツとしての価値はありません。
 商品で言えば、賞味期限過ぎです。

 寝取られ続けるその過程を「今日も」というワードに凝縮した[NaTuRe] の言葉選びに脱帽です。 

[NaTuRe]寝取られ彼女 ~ 彼のお兄さんに今日も生でハメられてます~

愛娘貸し出しレ〇プ



家族というのは、近くてそして遠い存在だ。
 兄弟であれ姉妹であれ、血は繋がり住む場所が同じであっても、まるで他人の気がしてならないもの。
 一緒に生活しても、自分ではないのだから。結局は、親しい他人。
 「愛娘貸し出しレ〇プ」では、妻を失った夫の苦悩が冒頭で描かれている。
 愛娘は年頃であり、自分は妻のように、あるいは立派な父親として振舞うことが出来なかった。

 家での夫は、まさに赤の他人。父として娘を求めるが、肝心の当人たちの心は分からないままだった。
 その求める心はやがて歪み、愛から恋へ移り変わる。
 時間と共に恋は、変と肥大化し「冒したい」という衝動に駆られてしまう。
 父として接することが出来ない親は、一人の男として愛娘の前に現れたのだ。
 そして親としての呵責の末に、他人へ愛娘を売る暴挙へ出る。

 自分ではどうすることも出来ないからこそ、他人へその衝動を転換させたのだ。
 父の欲求は満たされ、娘は女として開花する。
 男に満たされ、父親を必要しなくなった彼女たち。
 本来は、父親を愛していたはずだった。
 しかしすれ違いの思いは、ふしだらなで誠実な男性の性欲によって埋め合わせることになる。
 優しい娘たちは、父を愛していた。その秘め事は無情にも獰猛な男に壊され、愛は物理的な肉棒の前に消え失せてしまった。
 思いやりの家族は、その誠実な真心を汚された。
 しかし、歪んな集合写真の表情は幸せそのものだった。
 そう、家族だって秘密の1つや二つはあるものだ。

[AREA188]愛娘貸し出しレ〇プ
 

曼珠沙華

 宏式の漫画の特徴は、渋いエロさ
 「同級生が風俗嬢になったり、アイドルが枕営業されたり、飲み会で先輩に冒されたり」
 テーマとしては、いかにもエグい。

 このテーマで画力が伴わないと、ストーリーが頭に入らない春画を見ている気持ちになる。
 宏式が描くキャラクターは、しぶいテーマに対比してとても幼く可愛らしい。

 そのギャップが、本作品の読みやすさとキャラクターに対する魅力へと繋がっていると思う。
 若い世代にとって、話の内容って二の次。
 つまり、どんなにエロい漫画があったとしても、その絵が受け付けないならまったく意味がない。
 読まない!それで終わってしまう。

 宏式の魅力は、しぶいテーマの内容でありながら、今まさに主流の萌え絵を取り入れていること。
 ただ、萌え絵を主軸にすると、上記のテーマで執筆しようとは思わない。
 仮にしても、どう表現したら良いのか迷ってしまう。

 萌え絵で可愛いタッチでありながら、絶望的な悲壮感を漂わせる。
 水と油のような関係。

 しかし、それを技術(画力)によって混ぜわせることによって、独特の大人可愛いが誕生する。
 同級生の風俗狩りをテーマにした作品は、ドラ息子の趣味によって、次々と同級生がカモにされる。
 友達の裏切りと、ドラ息子による脅しによって、一人の少女は妊娠という絶望へと誘う。 

 圧倒的な不幸だが、視聴者は可愛いヒロインの肉感に心を奪われてしまう。
 それと同時に、胸糞悪いストーリーが一種の背徳的興奮へと変化する。

 刺激的な萌え漫画をどうぞ! 

[宏式]曼珠沙

地元のギャルとビーチでハメパ!!!

 概要としましては、ハメドリを敢行する素人動画投稿者が、逆に地元ギャルに協力撮影をしてもらう話です、いいなぁ。
 動画をリアルタイムで放映するため、CG内では、動画視聴者のコメントが流れます。
 率直な反応を楽しめるニコニコ動画のような楽しさがあります。

 ハメドリ撮影というよりも、むさい男性たちが大きなスクリーンでエッチなビデオを見ている感覚です。
 すぺしゃるじー様のタッチは、若干渋めです。
 柔らかい白い肌よりも、焦げた南国色カラーが強めです。
 また、人間のラインも結構シェイプに締めています。

 もっちり感よりも、スポーティな感じでしょうか?
 ビキニ姿なので体の線を誤魔化せないため、肉体美が強調されています。

 しかし、撮影現場旅館に移ると、また違ったイメージを持つのが不思議です。
 後、ギャルを登場人物の主軸にしているのですが、皆さばさばして好きでした。

 優しいとかそういう感じで表現するのもありですが、あまり恥じらいなく、ハメドリ撮影に協力する度量の深さに肝胆します。
 一人の人間として、好きになってしまいそうな温かい人柄。
 これは良いギャルの例だと考えます。

 また、物語の構成上でこれで終わり方と思いきや、新たなキャラクターが3人も後半に登場するのは驚きでした。
 冒頭に登場する女性のお友達設定ですが、急な展開に、おおお!とテンションが上がってしまいました。

[すぺしゃるじー]地元のギャルとビーチでハメパ!!!
 

濡れ透けJ○ その後

 エロ漫画で凌辱やレイプものは、読んでいて楽しいものではありません。(とても興奮しますが‥)
 確かに、男性にとって支配的に女性を打ち負かす光景は、ある種の生存本能を満たすかもしれません。

 そういう意味で、ねむのや様「濡れ透けJ○雨宿りレイプ」は、少し毛色が変わった作品でした。
 攻撃な作品かと思えば、少し情緒的な作風に変化し、冒される少女の心情から描いているシーンもありました。

 若い女性と中年男性の歪んだ性意識が、レイプという事件によって暴かれ、純情な少女は穢れ、真面目な男性は壊れてしまう。
 ねむのや様の淡い水のタッチが素晴らしいのですが、登場人物の心情も読み応えがありました。

 構成としては、タイトル通りの「濡れ透けJ○雨宿りレイプ」として、雨宿りをしている女子高生に好意を持った中年男性が、その雨に濡れた彼女の妖艶さに理性を壊し、
 襲ってしまう話です。

 これで終わってしまうと、確かにただの「レイプもの」で片付けてしまいます。しかし、その後の展開が物語として展開します。
 レイプした女性が身籠り、それを偶然、横断歩道先で見つけた男性。
 彼は後悔という背徳的な観念よりも、不運な生命を一生懸命育てる彼女の目に魅かれるのだった。
 そして、あるまじきことに、「また、冒してしまいたい!」という願望に取りつかれてしまう。
 年老い終わる自分と、若く、そして未だ希望を持って歩く少女があまりに対照的でした。
 男性は、一輪の花に群がるハチ、否、虫けらとして同等の存在。今宵も甘い光に誘われる彼だが、この社会に、彼の居場所はもうない。(逮捕END)

 身籠りマタニティ姿の彼女が、再び濡れた姿で冒される彼の妄想は、冒頭のレイプシーンとはまた違ったエロさが漂う。
 
 次の話としては、レイプされた少女がビッチになってしまう話です。
 純情無垢な少女は、突発的に自分が女性であり、女であることを認識する。濡れたバス停の休憩所で、未だ精液に焦がれ、自慰行為を繰り返す彼女は、
 もう数時間前の彼女とは別人だった。

 ある日。そのバス停には雨が降っていた。とても強く、あの日を思い出す光景だった。
 若い男性は、雨宿りかそれともバスを待つためか、その休憩所に立ちいるのだ。
 スカートをたくしあげ、欲望詰まった唇を抑える少女がいる、そのバス停へ。

[ねむのや]濡れ透けJ○ その後
 

↑このページのトップヘ