Fanza独占・3次元のR18作品レビュー

DLちゃんねるにて、NTR・インモラル作品の紹介記事を投稿しています。 https://ch.dlsite.com/profile/154677
こちらのブログでは、DLちゃんねるで投稿できない、Fanza独占作品・3次元のR18作品の紹介記事を投稿していきます。

カテゴリ: AV女優

今回紹介するお勧め作品は、安定と信頼の「新人NO.1 STYLE」の新作です。
タイトルは、「新人NO.1STYLE 乙白さやかAVデビュー」になります。
19歳という若さだけでも、購入意欲をそそられる作品です。
新人NO.1STYLE 乙白さやかAVデビュー
本作の「色(メーカー側の売り」は、AV女優なのに「
一度も男子と交際したことない」らしい。
ちょっと「無理がある宣伝文句」ですね。
AV女優という「エッチ向け」の職業なのに、我々ユーザは、その真逆の「清楚と清廉さ」を求めるのだから、困ったものです。
要するに、他人と経験人数の多い女性で抜くということは、「他人のおこぼれに預かる」ような「ひもじさ」を感じてしまうわけです。
AVを見るという「楽しみ」は、可愛い女性とのエッチを楽しみたいという「リアルの代替」なわけです。つまり、実際に付き合いエッチする場面を想像した際に、経験人数が多い女性というのは、男性側にとっての「特別感」が少ないわけです。
10人の愛人の一人より、一人だけの恋人になりたいのは、「当たり前」のことです。
それを高望みと揶揄されても、お金を払って「AV」見る視聴者にとっては、「欲しいものを欲しいと言って、何が悪いんだ!」という、至極全うな意見があります。
メーカー側も、ユーザの求める「企画」やコンセプトを載せた「作品作り」を頑張っている中で生まれたのが、「交際経験ゼロのAV女優:
乙白さやか」さんというわけです。
この文言もかなり「闇が深いです」。
交際経験ゼロと言っても、「男性とのエッチ経験がゼロ」ではないということです。
実際の映像を見ても、処女のような「初々しさ」というのがなかったように感じます。
ありていに言えば、「AV撮影の初々しさ」は感じれましたが、タイトルの先入観で抱く「エッチは生まれて初めて」という「緊張感・恐怖感」はなかったです。
一応お勧め作品紹介なのですが、その宣言文句に対しての「違和感」はレビューとして、記載するべきだと思いました。
但し、AV女優として「若さと美少女感」は本物であり、華奢でありながら、少し胸のある「いい感じの肉体美」は、やはり「AV女優」としてのポテンシャルはありました。
基本的に、売り文句の「正確さ」を抜きに、新人デビューという観点で言えば、比較的当たりな女性だと思います。

今回紹介する作品は、「青空ひかり AV DEBUT」を紹介します。
こちらの作品は、「青空ひかり」さんの 「AV DEBUT」ということで、「青空ひかり」の魅力が詰まった作品です。
簡単に言うと、「青空ひかり」さんの「ピュア」な「笑顔」を前面に出した作品です。
青空ひかり AV DEBUT (2)
AVデビューという「エロ動画」でありながら、それと相反するように「ペンギンのぬいぐるみ」と談笑する「やり過ぎな」シーンも話題になっています。
要するに、「青空ひかり」さんという女優さんとは、「こういう人だよ!」というメーカー側の強みを出し過ぎた結果、まったくAV動画とかみ合わないという「面白演出」となっています。
それほどまでに、「青空ひかり」さんの純情さを楽しむ作品となっています。
AV女優だけど、AV女優みたいな人ではないというギャップ売りは、ここ最近顕著であり、その珍しさから、多くのAVファンを楽しませています。
本作は、それが特に顕著に表れていると思います。
但し、AV女優のような魅力的なボディもあり、セックスは十分に抜けます。
私個人は、貧乳好きではなく、普通に胸がある方が好きなので、華奢な「青空ひかり」さんはどうかなぁ?と思っていました。
青空ひかり AV DEBUT
しかし、意外に胸もあり、「ピュア」というギャップ売りだけでない、女優としての色気もしっかりあり、大変満足できる作品でした。デビュー作品ということで、後続作品も発表されていますが、やっぱり最初の「デビュー」作が、一番「青空ひかり」さんを味わえると思います。

今回紹介する作品は、「新人 プレステージ専属デビュー セックスを愛する恥じらい美少女 川口夏奈」になります。
新人AV女優というのは、実はかなり「実力のある女優」さんしか出来ません。
一般的にAVに参加する女性には、さまざまなランクがあるそうで、AV女優としての「名前」を持っているのは、本の氷山の一角であります。
つまり、AVに初めて参加する人なら誰でも「AVデビュー」作品が発表されるわけではありません。
当たり前と言えば当たり前ですが、そう考えると、「AVデビュー」というタイトルを中心的にコンテンツを探すと、当然「期待度MAX」な女性がたくさんいるのも納得です。
彼女たちは、ある意味、選ばれて「AVデビュー」という主役の動画を勝ち取った「新人というプロ」なのです。
話は若干それましたが、そんなプロ女優さんである「川口夏奈」の出演するこちらの作品。
川口夏奈
メーカー側としては、彼女の恥じらう可愛い姿を押したい意図が見えます。
しかし、実際に視聴した私としては、本記事のタイトルになっている「彼女のおっぱい」を推したいところ。
基本的に実力あるAV女優さんは、AV的なエロい身体的な魅力を前提として、そのビジュアルに重点を置いています。要するに、「こんな可愛い子もAVに出るんだよ」という珍しさが、「女性の顔」を基準に語られるのです。。
一つ前までは、AV女優のイメージも悪く、可愛いなら別の仕事をするべきという「社会の風潮」がありました。しかし、多くの関係者やAV女優自信の活躍によって、その職業の地位は確実に良くなり、誰でもAV女優を目指せる良き時代となりました。
そういう変遷もあり、物珍しさとしての売りは「顔」になったわけです。
私もこれは賛成なのですが、本作においては、やはり「揺れるおっぱい」を推さないという選択肢はなかったのです。
川口夏奈-1

なんというか、私個人の主観もありますが、張りだけでなく、抱いた際の柔らかというのも、AV女優の魅力的な論点だと思います。
本作では、まさに「素晴らしいおっぱい」をお持ちだったわけです。
私がメーカーなら、その部分をタイトルに入れていたかもしれません。(傲慢)
興味がありましたら、ぜひ、その目で確かめて下さい。

今回は、AV業界で行われる「移籍」について、お話したいと思います。
ユーザがAV作品で気にするところは、「出演するAV女優」だけだと、過去の私は思っていました。
普段アニメや映画では、「どこのアニメ会社」や「どこの監督」かを気にするのに、なぜか「AV」に関しては、そういう「メーカー」に無頓着だったわけです。
それは、「AV」作品において、「AV女優」そのものが、作品選びの「基準」となっているからです。
綺麗な女性だから、可愛い女性だから、このAV女優を見たいという理由が、AV作品を見る理由です。
それは今も変わりません。
しかし、「移籍」という形で、同じ「AV女優」が「複数のメーカー」に出演すると、また話が違ってきます。
そもそも「AV女優」は、若い時期しか出来ない「息の短い職業」です。
一度お世話になったAV会社から、別の会社に移るというのは、なかなかありませんでした。
しかし、実力ある「AV女優」は、AV作品への可能性を広げるために、「移籍」という選択肢を取るようになりました。
今までメーカーが主体的に撮影内容を決めていたのが、AV女優側からの「選択」ができるようになったのです。
これは、「複数」の安全で安心な「AVメーカー」の誕生が根幹にあるのため、今だからこその「変革」だと思います。
今回、記事で題材する作品は、最近「エスワン」から「FALENO」へ電撃移籍をした「天使もえ」さんです。
天使もえ、奇跡の移籍。-1
デビュー当時から、高いを人気を得ていた彼女が、「エスワン」からの卒業を発表した際は、多くの男性陣が涙を飲みました。
しかし、この度、「FALENO」への「移籍」と「新作の発表」があり、多くのファンは、ほっと胸をなでおろしたのです。
そこで、気になるのが、この「電撃移籍」で「何が変わったのか?」ということです。

ここから、「天使もえ、奇跡の移籍。」のデビューになります。
本作は、まず「電撃移籍をするに至った経緯」が、ドキュメンタリーという形で、「天使もえ」さんのインタビューで始まります。
面白いことに、移籍でのデビュー作品ですが、この作品の進行は、「天使もえ」自身が行われているということです。
天使もえ、奇跡の移籍。-3
今まで、男性スタッフが、どう「AV女優の魅力」を引き出そうと、会話を進めるのに対して、本作では、「天使もえ」の喋りで話が進みます。
一般的に「FALENO」は、AVを「一人の女性の人生を描くドキュメンタリー」として昇華させる作品作りをしています。
その意向を反映する形で、非常に「天使もえ」さんの内面に触れる作品になっています。
ただ、皆さんが心配する「会話多めでエッチ少なめ」という不安はなく、エロ目的で、本作を購入しても大丈夫です。
AVデビューのはじめに用意される「インタビュー」が、「天使もえ」さんによる独白で始まる違いであり、しっかり「天使もえ」さんも脱いで、熱いエッチを繰り広げられています。
天使もえ、奇跡の移籍。-2

ドキュメンタリー性が強く、「エスワン」から「FALENO」によって、何が変わったのかの答えが、本作にあると思います。
興味がありましたら、ぜひ!

今回紹介する作品は、新人のAV女優「重本ミチル」さんです。
本作品のタイトル「まぶしい笑顔!褐色小麦肌!天然Fカップ!新人19歳 南国美少女 晴れやかAVデビュー 重本ミチル」から伺える「夏色」感は、新型コロナウイルスで自粛する私たちにとって、あまりに眩しい謳い文句です。
AV女優のデビュー作ながらも、なかなか素敵な笑顔を見せてくれます。
天然Fカップ!新人19歳 南国美少女 晴れやかAVデビュー 重本ミチル
新人19歳という若さから、初々しいAV撮影を楽しめます。
AV女優として活躍する以上、今後とも多くの作品を残すことでしょう。
AV女優として慣れ、いろいろなプレイや活躍の場面が増えても、やはり「エッチに慣れていない素人」要素を楽しめる「デビュー」作が一番ですね。
初めて見る「女性」という新鮮感もありますが、不慣れな「インタビューこそ至高」だと思います。
この不慣れ感は、決して演技では出来ないものです。

<作品のレビュー>
本作品の売りである「南国美女」という点は、あんまり良さが伝わらなかったと思います。
私個人が、自宅に引きこもる体質であり、「南国」という風土への魅力を想像できなことに起因しています。
個人的な興味は、Fカップの胸と、それに反する華奢な体だと思います。
褐色の肌が、より彼女のラインを細く見せているかもしれませんが、このアンバランスな「体付き」がとても良かったです。
天然Fカップ!新人19歳 南国美少女 晴れやかAVデビュー 重本ミチル-1
後、AVという撮影ながら、「かなり楽しくしゃべってる」ところが、とても印象的でした。
新人デビューということで、一方的にリードされる「女優」が多い中で、自発的に「笑顔」を見せながら、男優と会話するシーンが多く、普通のAV映像よりも、彼女の「人柄」を楽しめたと思います。
興味がありましたら、ぜひ!

↑このページのトップヘ